自己破産後でも借り入れが可能な消費者金融は?何年経過すれば借りれる?

自己破産をしたら、一生お金が借りられなくなるわけではありません。

個人信用情報からブラック情報が消えれば、消費者金融で借り入れすることが可能です。

現在では、自己破産から最低5年を経過していれば新たに借金が作れるようになります。

もちろん消費者金融だけでなく、クレジットカードの新規作成もできます。

ただし、自己破産後のキャッシング審査は通常よりも難しくなるため、いくつかポイントを押さえておく必要があります。

アドバイザー女性

この記事では、「自己破産後に借り入れが可能な消費者金融」と「破産後に審査通過するポイント」について解説しています。

自己破産後から最低5年を経過すれば消費者金融などで借り入れが可能

自己破産後から最低5年を経過すれば、消費者金融などで借り入れが可能です。

債務整理をすると、3つの個人信用情報機関に「異動」という事故情報が登録されます。

この事故情報が残っている状態で審査を受けても、まず通りません。

個人信用情報機関にも、次のように記載があります。

取引事実に関する情報

内容 債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等
登録期間 当該事実の発生日から5年を超えない期間(ただし、債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)

ただし、銀行カードローンなどが登録している「全国銀行個人信用情報センター」のみ破産の登録期間が10年になります。

機関名 債務整理の登録機関 対象
日本信用情報機構(JICC) 当該事実の発生日から5年を超えない期間 消費者金融・クレジットカード
シー・アイ・シー(CIC) 契約期間中および契約終了後5年以内 消費者金融・クレジットカード
全国銀行個人信用情報センター 破産・民事再生手続開始決定の日から10年を超えない期間 銀行カードローン

銀行による借入金(住宅ローン・自動車ローン・カードローン)を破産した場合、最大10年は新たな借り入れができません。

消費者金融による破産なら5年、銀行による破産なら10年です。

自己破産後のキャッシング審査を成功させるための3つのポイント

ローンカード

自己破産後のキャッシングは、通常より審査が難しくなります。

自己破産後の借り入れを成功させるためのポイントを抑えて審査に挑みましょう。

自己破産した日からではなく金融機関の届出後から5年経過している

自己破産の登録開始年月日は、金融機関により異なります。

正確には、自己破産をした日ではなく、金融機関が届け出をしてから5年経過すると事故情報が消えます。

金融機関の中には、期限ギリギリの自己破産が決定した日から1年後に届け出をすることもあります。

自己破産の登録開始年月日

金融機関が期日ギリギリに届け出をした場合、自己破産情報が消えるまでの期間が5年から6年に伸長します。

このケースでは、自己破産が確定した日から5年が経っていても、審査落ちする可能性があります。

自己破産から6年を経過していれば、確実に個人信用情報から事故情報が消えているでしょう。

自己破産後6年未満の場合は、個人信用情報を開示して破産情報が登録された年月日を確認したほうが良いかもしれません。

個人信用情報を開示する場合は、下記の記事を合わせてご覧ください。

自己破産先の金融機関は避ける

自己破産先の金融機関は、事故情報が残っている危険性がありますので避けたほうが良いでしょう。

カードローンの保証会社は、個人信用情報をもとに融資の可否を決定します。

しかし保証会社自体が、悪質顧客のリストを保持している可能性があります。

個人信用情報から事故情報が消えていても、保証会社に破産情報が残っていたらアウトです。

とくにクレジットカード会社は、ほぼ顧客情報が残っているため審査落ちしやすくなります。

「自己破産先の保証会社」と、「新たな申込先の保証会社」の情報を照らし合わせたうえで、審査申し込みをすると良いでしょう。

10万円程度の少額キャッシングにする

自己破産後は、少ない金額を借りてコツコツと返済実績を積み上げていくことが大切です。

破産情報が消えると、個人信用情報は真っ白な状態になります。

これを金融業界ではスーパーホワイトといい、借入履歴が1件もない人を指します。

借入履歴が1件もないほうが審査に有利と思われるかもしれませんが、じつはその真逆で履歴がない人ほどローン審査には通りづらくなります。

なぜなら、「借入履歴が1件も無いことで自己破産者である可能性が高い」と判断されるからです。

ローン会社は、貸付後にきちんと返済しているかどうかの実績を確かめたがりますが、借入履歴が1件も無いとその判断が難しくなります。

金融会社は、履歴ゼロの人に対して大きな金額を貸すのはリスクと考えますので、少額のキャッシングを好みます。

自己破産をしたら、消費者金融のように審査に通りやすい借入先で少額を借りて新たに信用を作っていきましょう。

自己破産後に借り入れするなら大手消費者金融がおすすめ

自己破産後に借り入れをするなら、大手消費者金融をおすすめします。

大手消費者金融は、自己破産後に借り入れできたという口コミが数多く見受けられるからです。

40歳・主婦

自己破産から6年10ヶ月ですが、アコムの審査に通りました。

32歳男性

破産免責から5年4ヶ月で、アイフルの審査可決!やっと通った、長かった。

破産免責が残っていると、大手消費者金融でもさすがに借り入れは厳しいです。

しかし、破産免責が完全に消えていれば新たに借り入れできる望みはあります。

自己破産から5年以上が経過しているのなら、まずは大手消費者金融を頼るのがいいでしょう。

独立系のアイフルなら審査に通りやすい?

アイフル無人契約機

多くの大手消費者金融が銀行傘下にある中で、アイフルのみ独立系を貫いています。

アイフル 銀行傘下に入っていない
プロミス SMBCグループ(三井住友銀行など)
アコム エム・ユー信用保証(三菱UFJ銀行など)

つまり、アイフルで自己破産をしていなければ保証会社が被らないということです。

たとえばアコムは、エム・ユー信用保証の審査業務を全て担っています。

三菱UFJ銀行で破産をした場合、アコムにもその破産記録が残っている可能性があります。

しかしアイフルであれば、どこの銀行傘下にも属していません。

アイフルで破産がなく免責から5年を経過していれば、審査通過の見込みがあるということです。

実際に、破産後でもアイフルの審査に可決したという口コミがあるので、破産後でも審査に通る消費者金融としての可能性はあるでしょう。

大手で審査落ちしたら中小の消費者金融を頼ろう

大手消費者金融は、絶対的に破産情報が消えていなければ審査に通りません。

しかし中小消費者金融は、自己破産の免責が残っていても審査に通ったという口コミが数多くあります。

2chなどで「破産中でも借りれた」という口コミをピックアップしてみました。

  • ブラックでダメ元でAZ申し込みしたら、まさかの可決!助かった!
  • ブラックだけど、北キャネットいけたよ。5万円だったけど

とくに神金融と呼ばれている「AZ」や「北キャネット」の成功率は高いように思います。

破産者にお金を貸すという行為自体は、法律に接触していませんので、そのあたりは各金融会社の裁量次第となります。

大手の消費者金融と比べて、中小消費者金融は破産後でも借り入れしやすい印象があります。

中小の消費者金融で借り入れする場合は、下記の記事を合わせてご覧ください。

自己破産後でも借り入れできた体験談

電話中の男

20代前半で自己破産の免責となって、もう5年が経過します。

入社した会社の給料が低く、奨学金の支払いに追われて消費者金融でその場しのぎをしていました。

しかし仕事が上手くいかず、転職を機に自己破産を選択。

過去にどうしてもお金が必要になった時期があり、アコムや楽天カードなどの申し込みをしてみたのですが、なかなか審査に通りませんでした。

クレジットカードが作れないので、ETCすら使えない状態は苦しかったです。

ようやく信用が回復したので、新たに消費者金融へ申し込みをして失った信用を少しずつ積み上げていきました。

そのとき利用した金融業者は、アイフルです。

自己破産から8年で、ようやく念願だった新車も購入できて今は少しずつ貯蓄もできています。

車のローンが支払い終わったら、次は住宅ローンにもチャレンジしてみたいと思います。

借入先を絞り込み条件で探す

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。(複数可)

借入条件で選ぶ

職業で選ぶ

審査時間で選ぶ

借入額で選ぶ