お知らせ

トップページ > お知らせ

京都産業育成コンソーシアムからのお知らせ

2018年04月13日

平成30年度「テクノロジー&マネジメント研究会」受講生募集のご案内

(公社)京都工業会では、次代のCTO(Chief Technology Officer)を担う幹部候補生を対象として、技術・研究開発に関する目利きと経営に関する専門知識の双方をバランスよく備え、新しい技術を製品として事業化できる「ハイテク番頭」の養成を目指して、平成17年度よりテクノロジー&マネジメント研究会を開催しています。
 
これまでの研究会実績を踏まえ、昨今の環境変化も取り込む形で毎年授業プランを見直し、充実・発展させてきています。継続的に派遣されている企業も多く、開始以来13年間の受講者数は233名に達しています。
 
本講座では技術を如何にして企業競争力にダイレクトに結びつけるかに力点を置き、企業経営の基本的な知識を学び、技術の見方を変え、グローバルな競争力とする方法論を追求します。
 
特にAI、IoT、ビッグデータ等、推論・判断、情報・通信技術の進展は、産業技術の神経系にあたる部分に根本的なイノベーションを起こしつつあり、技術を中核にした新しい発想のビジネスモデルが従来の業界競争ルールや慣行を一夜にして変えることがあります。そのため今年度は第1回よりIoT、AI等、最先端技術を中核としたビジネスモデルの可能性を考察して参ります。
 
開発する技術がビジネスに結びつくための知識と技能を修得するために、講義(理論)と演習(実践)の組み合わせにより、技術価値に対する理解の深化を図ります。前半では経営を考えるための基礎知識(競争戦略、マーケティング戦略、財務戦略、知的財産戦略等)について、講義を通じて学び、後半ではケース(事例)と参加者同士の議論を通じ、深く考える機会を作り、知識を実践的に活用する能力およびスキルを修得できるように設計しています。
 
今年度から、参加者の企業が属する業界を各自分析し、参加者全員で議論、情報・意見交換する時間を初回より設けて行く予定です。
 
受講者同士の交流により人脈づくりにも役立てていただけます。
 
同志社ビジネススクールの教員が時代の最先端となるように授業プランを企画・作成、講師として講義と演習を担当し、本講座の運営に当たります。
   本年度も是非、貴社の幹部候補生の受講をお願い申し上げます。
■□■ 募集要項 ■□■


■募集対象
  技術開発部門の新任管理職および次期候補者 (技術開発部門長の参加も可)

■定 員
  約20名 (少人数限定です。基本的に先着順ですが、申込み多数の場合は調整させていただくことがあります)

■期 間
   平成30年6月 ~ 平成31年2月 (全14回)
  (初回はオリエンテーションが行われます。)

■場 所
  京都工業会館 (京都市右京区西京極豆田町2)

■講師・指導
  同志社大学大学院ビジネス研究科 (同志社ビジネススクール)
  教授 藤原 浩一

■年 会 費
  京都工業会会員  (1名につき) 12万円(税込)
  京都工業会非会員(1名につき)  17万円(税込)
   (但し、見学研修などが生じた場合には、別途、実費をご負担いただくことがあります)

■申込期限
  平成30年5月18日(金)

■申込・問合せ
  (公社)京都工業会 業務課・辻
   Tel.(075)313-0751 Fax. (075)313-0755
   E-mail :  tsuji@kyokogyo.or.jp

 「テクノロジー&マネジメント研究会」申込用紙

情報元:http://www.kyokogyo.or.jp/techno/techno_manage.cfm

 

このページの上へ