知恵産業支援施策ガイド

トップページ > 共同プロジェクト > 知恵産業支援施策ガイド

京都では、「知恵産業のまち・京都」の実現を目指し、自社の強みに気づき、強みを活かすため「知恵」をキーワードに、行政や経済団体、産業支援機関等において、様々な取組が行われています。

参考サイト
  • 知恵産業施策の体系
 
「知恵創出"目の輝き"」企業認定
特徴 伝統技術と先端技術の融合や新たな「気づき」による新技術・新商品の開発による「知恵産業」の創出を目指す取組の一環として、当研究所が技術支援等を行い、知恵産業をキーワードにした新技術・新商品開発等により製品化・事業化に結びついた企業等を「知恵創出"目の輝き"」として認定し、今後ますますの発展につなげる。
要件 (1) 伝統技術と先端技術の融合事例となる製品化・事業化を行った企業・団体
(2)「新たな気づき」により、製品化・事業化等に結び付いた企業・団体
(3) 当研究所の技術指導及び相談業務共同研究等を通じて、製品化・事業化等に至った企業・団体
対象 中小企業・個人事業者・団体
エリア 主に京都市域
創設 平成25年度
実績 16件(28年度:4件)
主な優遇制度※ 補 融 支 購
窓口 (地独)京都市産業技術研究所 知恵産業融合センター
 TEL:075-326-6220
 FAX:075-326-6200
 URL:http://tc-kyoto.or.jp/

支:専門家等による支援/購:優遇購入制度

 

このページの上へ