個人事業主(自営業者)がカードローンの審査に通るためのチェックポイントを解説

閑散期や取引先の入金遅れが原因で生活費のやりくりが難しくなり、カードローンでお金を借りようと考えている個人事業主は多いのではないでしょうか。

個人事業主(自営業者)は会社員と比べてカードローンの審査が厳しいと思われがちですが、チェックされるポイントさえ押さえておけば通りやすくなります

カードローンの審査の際に、最も重点的にチェックされるのは以下の2点です。

  • 安定した収入があるか
  • 資金使途は明確になっているか
  • 他にもチェックされるポイントがあり、対策を立てないまま申し込むと審査落ちとなる可能性がありますので詳しく解説していきます。

    個人事業主(自営業者)はローン審査でどこを見られる?チェックされる4つのポイント

    個人事業主(自営業者)のローン審査では、大きく分けて4つのポイントが重視されます。

    重視される4つのポイントは、以下のとおりです。

    • 安定した収入があるか
    • 他社借り入れ状況は良好か
    • 資金使途は明確か
    • 在籍確認が滞りなくできるか

    審査では主に収入や借り入れ状況、勤務先などが確認されます。

    それぞれの項目の条件を満たしていれば、信用度が上がって審査に通りやすくなります

    審査に通過する条件については、以下で詳しく解説しますので参考にしてください。

    安定した収入があることが最重要|収入証明は2期分用意しておこう

    確定申告書

    安定した収入は最も重視される項目であり、条件を満たしていることが必須になります。

    なぜなら個人事業主(自営業者)は会社勤めのサラリーマンと違い、毎月決まった金額の収入を得られる保証がないからです。

    例えば先月の収入が100万円でも、今月分が5万円などといった場合は安定した収入として判断してもらえません。

    安定した収入を証明するためには、確定申告書などの収入証明書の提出が必要不可欠です。

    カードローンの申し込み時には、原則として最新の1期分の確定申告書を提出することになっています。

    大手消費者金融のアイフルの収入証明書類の条件は、以下のとおりです。

    ご提出いただく収入証明書について

    以下のいずれかのコピー1部(最新分のもの)をご用意ください。
    (中略)
    ・確定申告書
    税務署受付印または税理士印があるもの、もしくは電子申告の受付日時、受付番号の記載があるもの

    ただし個人事業主(自営業者)の収入は時期によって変化するため、1期分だけでは正確な収支状況が把握できないと判断されると、2期分の提出を求められることがあります

    確定申告書には税務署の受領印もしくは電子申告の受付日時の記載が必要になりますので、提出前に必ず確認してください。

    収入証明には確定申告書を用意するのが基本ですが、開業して1年未満でまだ確定申告をおこなっていない場合は、以下の書類を利用しましょう

    個人事業主の収入証明書類として利用できる書類一覧

    確定申告書以外に収入証明書類として利用できる書類は、以下のとおりです。

  • 所得証明書
  • 納税証明書
  • 住民税決定通知書
  • 直近の売り上げがわかる書類(事業用の口座の入出金明細など)
  • 上記の書類以外に、開業時に税務署に提出した個人事業の開業・廃業等届出書の控えのコピーを求められる場合もありますので、用意しておきましょう。

    借入状況もチェックされる|滞納がある場合は解消してから申し込もう

    書類

    新規でカードローンに申し込むと、返済能力を判断するために信用情報を取得されてこれまでの他社借入の状況をチェックされます

    他社借り入れをしていない場合や返済の遅延をしていない場合は、返済能力があると判断してもらえます。

    信用情報とは?

    ローンの申し込みや支払い状況などがすべてわかる個人情報のこと。

    ローンの申し込みがあった金融機関は、以下の3機関のいずれかに信用情報を照会します。

    3機関は独自に情報収集をしていますが、CRINというネットワークによって延滞や申し込みの履歴などを共有しています。

    そのため、他社の取引状況はどの金融機関に申し込んでも筒抜けになっています。

    他社借入の状況に自信がない場合は、上記の機関に情報開示を依頼すれば自分の現在の信用情報を確認できますので試してみましょう。

    各機関の情報開示の方法を以下にまとめましたので、参考にしてください。

    情報開示の方法

    申込方法 所要時間 開示手数料 必要書類
    JICC スマートフォン 約10分 1,000円(一律) 本人確認書類
    (1種類)
    郵送 1週間〜10日
    窓口 30分〜1時間
    CIC インターネット 30分〜1時間 1,000円 本人確認書類
    (2種類)
    郵送 1〜10日 1,000円
    窓口 30分〜1時間 500円
    個信 郵送のみ 1〜10日 1,000円 本人確認書類
    (2種類)

    信用情報に延滞などの履歴があった場合は、申し込み後にオペレーターに事情を説明すると考慮して審査してもらえます。

    資金使途を明確にすると通りやすくなる!生活費と事業資金は分けて考えよう

    紙幣

    カードローンで借りるお金の資金使途を明確にしておけば、審査に通りやすくなります

    何に使う資金なのかがわかれば、利用者が借りすぎていないか判断できるからです。

    カードローンでお金を借りる時には、生活費と事業資金は分けて考えるのが基本です。

    とはいえ個人事業主(自営業者)は、生活費と事業資金を区別しにくい場合がありますよね。

    例えば個人で所有している自動車を事業でも使っている場合は、仕事で使っている場合と私的な移動(旅行や買い物など)で使用しているガソリン代を明確に分けることは困難です。

    このようにわかりにくいものは仕方ありませんが、生活費として申し込んだお金を事業資金として使うと強制解約の恐れがありますので注意してください。

    三菱UFJ銀行のカードローンであるバンクイックの商品説明では、以下のように注意喚起されています。

    資金使途
    さまざまな用途にお使いいただけます(事業性資金を除く)

    事業性資金以外と但し書きがある商品を事業資金に利用するのは規約違反になり、場合によっては一括返済を迫られてしまう可能性もあります。

    そのため事業資金の調達には、専用のビジネスローンを利用しましょう

    クレジットカード会社のオリコには、個人事業主専用のCREST for Biz(クレストフォービズ)というビジネスローンがあり、事業資金の借り入れができます。

    目的に応じて使い分ければ、トラブルを引き起こす心配もありません。

    ビジネスローンに関しては以下の記事で詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

    在籍確認は必須!固定電話のほうが好印象を与えられる

    電話機

    カードローンに申し込むと、個人事業主(自営業者)であっても必ず在籍確認がおこなわれます

    在籍確認とは?

    カードローンの担当者が申し込み者の勤務先に電話をかけ、本当に在籍しているか確認する作業。
    本人以外からのカードローンの申し込みは無効になるため、本人確認の意味合いも含んでいる。

    個人事業主(自営業者)の在籍確認は、勤務先として申込書に記入した電話番号におこなわれます。

    在籍確認の際には、固定電話のほうが好印象を与えられます。

    固定電話は事務所が実在していることの証明になり、腰を据えて事業をおこなっているひとつの指標にもなるからです。

    固定電話があるのとないのとでは、個人事業主に対する信頼性が大きく変わってきます。

    どうしても持っていない場合は携帯電話でも受け付けてもらえますが、信用度は固定電話よりも下がってしまいます

    会社の連絡先が携帯電話の場合は、営業実態の確認のために取引先にも連絡されてしまう可能性がありますので注意が必要です。

    固定電話を1台でも設置しておけば、審査で有利になりますので覚えておきましょう。

    個人事業主(自営業者)が審査に通りやすいカードローンはどれ?特徴を解説

    ローンカードとパンフレット

    個人事業主(自営業者)が審査に通りやすいカードローンを、知りたい人も多いのではないでしょうか。

    結論から言うと、個人事業主が審査に通りやすいのは消費者金融のカードローンです。

    カードローンは銀行でも取り扱っていますが、審査を厳格化しているため収入が安定していない個人事業主(自営業者)は融資を受けづらいのが現状です。

    銀行と消費者金融のカードローンのメリットとデメリットについては、以下の表を参考にしてください。

    メリット デメリット
    銀行 低金利で借りられる 審査が厳しい
    消費者金融 審査が早い(即日融資も可能) 金利が銀行より高い

    銀行のカードローンは低金利で借りられますが、審査基準は厳しくなっています

    過去にカードローンの過剰融資が社会問題となり、金融庁から指摘を受けた関係で審査を厳格化しているからです。

    残高が急増し、過剰融資が懸念される銀行カードローンについて、金融庁が「審査態勢が不十分」などと一部の銀行の業務運営を問題視する調査結果をまとめたことがわかった。

    特に財閥系の銀行であるメガバンクは政府と密接な繋がりを持っており、金融庁の意向に従わなければならないため審査基準が厳しい傾向にあります。

    どうしても銀行で借り入れをしたい人は、店舗型ではなくネット銀行を利用するのがおすすめです。

    ネット銀行は店舗の建設費や行員の人件費などのコストがかからないため、顧客へのサービスが充実しています。

    店舗型の銀行と比べると知名度が低いので、新規顧客の獲得に積極的だという利点もあります。

    一方で消費者金融は融資スピードが銀行よりも早く、申し込んだ日に現金が手に入ります

    最短60分で融資してもらえるため、今すぐ現金が手元に欲しい人にも最適です。

    金利は銀行より少々高めに設定されていますが、審査基準は銀行よりも緩やかで融通を利かせてくれます

    とはいえどのカードローンで申し込めばいいのか、わからない人も多いのではないでしょうか。

    以下でおすすめのカードローンを紹介していますので、参考にしてください。

    おすすめのカードローンを紹介!融資に積極的な商品を選ぼう

    融資に積極的なカードローンなら、個人事業主(自営業者)でも審査で有利になります。

    数ある金融機関の中で、個人事業主(自営業者)への融資に積極的な3社は以下のとおりです。

  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • アイフル
  • それぞれのカードローンについて、詳しく解説していきます。

    楽天銀行のカードローンなら低金利で借りられる

    封筒とローンカード

    楽天銀行のカードローンである楽天銀行スーパーローンは、1.9〜14.5%という低金利でお金を借りられるのが特徴です。

    三大メガバンクの金利と比較しても、ほとんど遜色がありません。

    商品名 金利 限度額
    楽天銀行 楽天銀行スーパーローン 1.9〜14.5% 800万円
    三菱UFJ銀行 バンクイック 1.8〜14.6% 500万円
    みずほ銀行 みずほ銀行カードローン 2.0〜14.0% 800万円
    三井住友銀行 三井住友銀行カードローン 4.0〜14.5% 800万円

    審査が厳しいといわれる銀行カードローンの中でも、楽天銀行は比較的自由に審査基準を設定しており、新規顧客の獲得に積極的に取り組んでいます。

    その証拠に楽天銀行は2019年10月にネット銀行として初めて開設口座数を800万まで伸ばし、積極的な姿勢を見せています。

    楽天銀行株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:永井 啓之、以下「楽天銀行」)は、2001年7月の開業以来順調に口座数を伸ばし、2019年10月30日に、インターネット銀行として初めて口座数が800万口座を突破しました。

    金利を重視するなら、低金利で融資に積極的な楽天銀行に申し込みましょう。

    ジャパンネット銀行の限度額は1,000万円!ただし難易度は高い

    携帯画面

    ジャパンネット銀行のカードローンであるネットキャッシングは限度額が1,000万円であり、高額融資にも対応しています。

    限度額は最高でも800万円までという金融機関が多い中で、ジャパンネット銀行の限度額の高さは非常に貴重だといえます。

    ジャパンネット銀行は店舗がなく実店舗型の銀行と比べて知名度が低いため、楽天銀行と同じく新規顧客の獲得に熱心です。

    ただしカードローンの限度額は年収の3分の1までに自主規制されていることが多く、希望の限度額にならない場合もありますので注意してください。

    なぜならジャパンネット銀行は全国銀行協会の準会員であり、協会の方針に従わなければならないからです。

    全国銀行協会がおこなった会員向けのアンケートの中でも、年収ごとの借り入れ額について以下のように結論づけられています。

    「極度設定における年収債務比率の算出方法」は、約8割の会員が厳格化しており、一部の会員で引き続き厳格化する方向で検討を継続中。

    つまり、高額融資を受けるのは難しいということです。

    高額融資を受けたい場合はまず30〜100万円程度の限度額からスタートし、返済の実績を積んでから増額申請することをおすすめします。

    すぐに借りたいなら即日融資できるアイフルを選ぼう

    アイフルの店舗

    今すぐ現金が手元に欲しい場合は、即日融資ができるアイフルが役に立ちます

    大手消費者金融であるアイフルは審査にスコアリング方式を採用して効率化を図っているため、最短60分で融資を受けられます。

    スコアリングシステムとは?

    過去の融資データと今回の申し込みデータを照らし合わせて、貸し倒れ率を導き出すシステムのこと。

    スコアリング方式は、膨大な融資データのある大手消費者金融にしか出来ない審査方法です。

    またアイフルには融資を急いでいる人専用のフリーダイヤルが完備されており、Webから申し込んだ後に電話をかけるとスピーディーに対応してもらえます

    インターネットからお申し込み後、フリーダイヤルにお電話していただくことで審査にかかるお時間が短縮。
    ご融資をお急ぎの方はご活用ください。

    ポイントは、Webから申し込んだ後に電話をかけるということです。

    電話をかけるだけでは即日融資に間に合いませんので、注意しましょう。

    アイフルは申し込みから借り入れまでネット完結するため、家にいながらその日のうちに融資が受けられて便利です。

    申し込み時にカードレスを選択すればスマホひとつでセブン銀行ATMから借り入れでき、ローンカードの到着を待つ必要もありません。

    今すぐ現金が必要な場合は、アイフルに申し込みましょう。

    個人事業主がカードローンで借り入れたお金は確定申告の時どうなる?

    確定申告書

    カードローンで借りたお金は確定申告に関係があるのか、知りたい人も多いのではないでしょうか。

    結論からいうと、生活費としてキャッシングしたお金は経費にならないため、確定申告には関係ありません

    ただし事業資金を借りた場合は、返済額の利息部分を経費として申告することが必要です。

    税額を少なく申告すると、過少申告加算税を追加で徴収される恐れがあります。

    経費の申告については、国税庁のホームページでも以下のように警告されています。

    税務署の調査を受けた後で修正申告をしたり、更正を受けたりすると、新たに納めることになった税額のほかに、その税額の10%(場合によって15%)の過少申告加算税又は35%(場合によって40%)の重加算税がかかります。

    つまり間違えて申告すると、本来払うべき税額よりも多く支払わなければならなくなるということです。

    また税金の納付が遅れると、延滞税もかかってしまいますので注意してください。

    生活費とビジネスローンの詳しい仕訳の方法は、以下で解説していきます。

    生活費として借りたお金は確定申告する必要はない

    紙幣と小銭

    生活費として借りたお金は経費にならないため、確定申告する必要はありません

    そもそも確定申告の対象になるのは事業にかかった費用であり、生活費は計上されない仕組みになっているからです。

    ただし個人用と事業用の口座を分けていなかった場合は、現金出納帳などの帳簿上で仕訳が必要になります。

    帳簿上の仕訳は正確にするのが鉄則

    カードローンからの借入金は、事業主貸という勘定科目を使って仕訳します。

    例えば事業資金と兼用の口座に振り込まれた借入金50万円を生活費として仕訳する方法は、以下のとおりです。

    (借方)勘定科目 金額 (貸方)勘定科目 金額 摘要
    事業主貸 500,000 現金 500,000 生活費

    事業用の口座に入金されたお金は、使途不明にならないように仕訳をする必要があります。

    個人用の口座に振り込まれた借入金は仕訳する必要はありませんので、手間を省きたい人は普段から事業用と個人用で口座を分けておきましょう。

    ビジネスローンは借入金として仕訳しよう

    ビジネスローンから借り入れした事業資金は、借入金という勘定科目で仕訳します。

    1年以上の契約は長期借入金、1年未満は短期借入金とするケースもありますが、個人事業主(自営業者)は契約期間に関係なく借入金として仕訳できます。

    100万円を借り入れした場合の記入例は、以下のとおりです。

    100万円借り入れ時の仕訳

    (借方)勘定科目 金額 (貸方)勘定科目 金額 摘要
    現金(普通預金) 1,000,000 借入金 1,000,000 生活費

    このように借り入れ時の仕訳は単純で、難しい処理ではありません。

    しかし返済金額の利息部分は、支払利息として経費に計上しなければならないため注意してください。

    経費に計上できるのは利息部分だけなので注意

    経費に計上するためには、返済の元本と利息を分けて仕訳する必要があります

    カードローン借り入れ時にもらえる返済計画書を見れば、元本部分と利息部分の金額がひと目でわかりますので活用するようにしましょう。

    例えば100万円の返済をした際、元本が80万円で利息が20万円の場合の仕訳方法は以下のとおりです。

    100万円返済時の仕訳

    (借方)勘定科目 金額 (貸方)勘定科目 金額 摘要
    借入金
    支払利息
    800,000
    200,000
    現金(普通預金) 1,000,000 生活費

         
    誤って元本も経費に計上してしまうケースが多いため、くれぐれも気をつけましょう。